admin

歴史的で厳粛な神社で結婚したい!分からないことは解決しよう

神前式の独特の用語が気になる…

歴史的な神社で結婚式を挙げる神前式が、改めて脚光を浴びています。ホテルや専門の式場内にも、神前式プランを希望するカップルの為に神殿がありますが、やっぱり歴史的に重みがあって、ロケーションが抜群なのは本物の神社の方です。神社でも挙式を希望する人の為に友人の参列を認めたり、施設を充実させるところが増加しているので、これからもっと神前式をする人が増えるかもしれませんね。でも、神前式って見積りやプログラムを見ると、何やら難しい用語が羅列されているので、何やら難しく見えるかもしれません。分からないことは神社側が教えてくれます。和婚を手掛けるブライダルプロデュース会社の開催している見学会などに行って、プランナーの人に聞いてみましょう。神社の方で、複数の挙式プランを用意しているところも増えているので、雅楽の生演奏が含まれるかどうかや、巫女舞の有無などを確認しておきましょう。

神社挙式の時の恰好は?

神前式は白無垢や黒振袖などを着るのが一般的です。でも、お寺で行う仏前式と同様に、洋装で挙式をしても構わないんですよ。ウエディングドレスで挙式したい人は、神社の職員の方に相談してみてください。婚礼用の衣装は、神社内にお店が併設されているか提携しているショップがあることが多いので、そこで用意しておけばいいでしょう。所作に関しては、二拝二拍手一拝を覚えておけば大丈夫です。畳の縁を踏むのはよくないとされているので、挙式中は気を付けてくださいね。

福岡の結婚式場で結婚式を挙げるなら、ゲストハウスでオリジナルの式を演出したり、1流ホテルで最高のサービスを利用したりと目的にあわせて選べます。海が見えるゲストハウスとホテルのチャペルは大人気です。

Related Posts