admin

ウエディングドレス選びが無事に終わったら…次はベール選び!

式場やドレスと合っていますか?

花嫁がまとう純白のウエディングドレス。結婚式の準備の中でも、特にプレ花嫁の女性が気合を入れる作業なのではないでしょうか。自分の体形を魅力的に見せることができるか、式場と相性がいいかどうかなどを考えてたった一着のドレスに絞るのはとても大変なことです。しかも、無事にウエディングドレスを選定したからと言ってそれで終わりではありません。ドレスと相性がいいウエディングベールも決める必要があります。いくらウエディングドレスのデザインが上品で自分の体型にぴったりフィットしていても、頭部を覆うベールのデザインとかみ合っていないと全体的な印象が台無しに…!それに、挙式の時に花嫁はバージンロードを歩いて行きますよね。その際にゲストの視線がベールに集まりやすいんです。

具体的なベールの決め方

繊細なレース模様が特徴的で、花嫁の頭部をすっぽりと覆ってしまうタイプのベールはマリアベールと呼びます。顔の近くにレースの部分が来るので、少しでも自分の印象を華やかにしたい人におすすめ。このベールにはシンプルなデザインのドレスが合います。風船のように丸く膨らんだシルエットが個性的なバルーンベールは、どのドレスなら相性がいいのか意外に決めにくいですよね。Aラインのドレスはあまりベールの種類を選ばないので、迷ったらこのドレスラインにしましょう。ウエディングドレスの裾よりも長く、裾を引きずるタイプはロングベールと言います。このベールは伝統的な海外の大聖堂で挙式する時にぴったりですね。

白金台といえば、シロガネーゼなどのセレブが集まる優雅なお土地柄です。そんな素敵な白金の結婚式場で結婚式を挙げられたら素敵です。

Related Posts