admin

海外ではおなじみのケーキトッパーを取り入れてみたい!

ケーキトッパーってどんなもの?

他のカップルとは被りたくない!自分達らしさを演出した結婚式にしたい!という人が多く取り入れているのが、海外の結婚式文化です。まだ国内では浸透していないものも多いですし、おしゃれで自分たちなりのアレンジを加えやすいのがメリットと言えます。会場の飾りつけや挙式・披露宴の演出などに海外風のアイディアを取り入れるのも素敵ですが、意外に見落とされがちなのがウエディングケーキ用の演出です。海外の結婚式の写真などを見ると、ウエディングケーキのてっぺんに個性的な飾りつけがされていることに気づく人も多いのではないでしょうか。その種類も豊富で、男女がペアになっている人形やLOVEなどのメッセージなど色々な種類を見ることができます。これらのウエディングケーキのてっぺん用の飾りの総称がケーキトッパーなのです。ウエディングケーキのてっぺんは会場に集まったゲストの視線が集まりやすいので、おしゃれでユニークなケーキトッパーを選んで注目を集めましょう!

どんなものをウエディングケーキに飾ったらいいの?

伝統的なケーキトッパーは新郎新婦を模した陶器の人形です。結婚式の主役をイメージした人形で、新郎新婦の代わりにゲストたちをお迎えするという意味があります。最近のケーキトッパー用の人形はかなり表情豊かになっていて、新郎新婦の性格や関係性を取り入れたポーズになっているものが増えています。人形以外だと結婚式用のガーランドで好みのメッセージを作るというパターンも多いんですよ。

長崎の結婚式場は、利用者からの口コミを参考にしながら選べるため、評判の良い式場が素早く見つかります。

Related Posts